事故物件(ワケあり物件)について

一般的に、自殺、他殺、焼死、転倒死等があった物件を言います。

また事故物件の中には心理的瑕疵物件と表示されている物件もあります。

心理的瑕疵とは、
・自殺や殺人事件、死亡事故、孤独死などがあった物件
・過去の変死歴物件の迷信的瑕疵
・過去に火災や水害による被害
・指定暴力団組織が近隣に存在する
・宗教的施設の跡地に建てられた。又は近隣に存在する。
・火葬場やゴミ処理施設などの嫌悪施設が近在する
などが挙げられます。

このような物件は評価に大きな影響があり、賃料が一般市場より安く募集している場合があります。
事故物件(心理的瑕疵)の場合、貸主や不動産業者は、契約者に対し、事故物件(心理的瑕疵)であることを、
重要事項説明書にて告知する義務が、 宅建業法により定められています。