競売とは

借入金の返済ができないため、債務者や物上保証人が債務の担保として提供していた土地や建物などの不動産を債権者が換価して、
債務の満足を図ることを裁判所に申立て、その結果裁判所が売却にかける不動産を「競売物件」と言います。
その不動産を売却可能価額以上の最高価で落札するシステムのことを「競売」と言います。

近年では不動産業者に限らず、一般の方の入札も多くみられるようになりました。
適切な市場価額が反映されるように、一般の方の参加を促進して活発な取引を実現するために、
最近では競売物件の案内が新聞紙面の広告欄やインターネットでも目にすることが多くなりました。

ですが、背後に複雑な権利関係が潜んでいる場合もあります。
事前にそれらを調査する事は一般の方々には難しい面があるでしょう。
物件を取得した後にも占有者がいれば立退き交渉が必要となり、強制執行などの法的処置も避けて通れない場合も
念頭に入れておいた方が良いと思います。

また、落札代金全額を裁判所に納付した後でなければ、家屋内に入れません。
そのため内部を知る手掛かりは状況調査報告書しかありません。
多くの物件は何らかの補修が必要となるため、この事も念頭に入れておきましょう。

当社では一般入札希望者の競売入札代行を行っております。
競売3点セット(現況調査報告書)用意・入札価格アドバイス・占有者がいる場合の交渉等を一括してお任せすることができます。