入札代行の流れ

STEP1 <物件選定>

競売情報の中よりお客様の希望、弊社からの意見を協議して入札物件の選定を致します。

STEP2 <物件調査>

物件現地調査・競売3点セット(物件目録・現況調査報告書・評価書)を基に、再度入札するか決定致します。
入札物件が決定したら、お客様と弊社で競売物件業務依頼合意書を締結致します。
競売物件業務依頼合意書

STEP3 <入札価格決定>

入札する物件の売買事例・競売事例・路線価等を基に落札予想金額を打合せ致します。

※融資利用の場合
金融機関の住宅ローン利用で入札される方は金融機関との打合せも弊社にて相談できます。

STEP4 <入札>

弊社が入札書類の準備から提出までの一切を代行致します。
※落札代金総額支払時に成功報酬を頂きます。
落札ができなかった場合は発生しません。(無料)

STEP5 <明渡し交渉>オプション

占有者がいる場合、弊社がお客様に代わって交渉致します。

<注意>
任意での明渡しが困難な場合は強制執行の手続きを行います。
占有者の荷物の量によって費用が変わります。
強制執行の一般的な費用の目安は30~50万円程度
引越代金及び強制執行の費用(荷物の保管)にかかる費用はお客様の実費となります。

STEP6 <引渡し>

明渡しが完了した時点で物件の使用が可能となります。
弊社ではリフォームも行っておりますので是非ご相談下さい。
入札代行の費用

入札価格の3%+消費税となります。
但し入札価格が1,000万円以下の場合は一律30万円+消費税となります。
※落札できなかった場合、費用はかかりません。完全成功報酬となります。