任意売却とは

何らかの事情で住宅ローンの返済が困難に陥った場合、銀行等(債権者)の金融機関は抵当権に従って、
物件を差押さえ、競売の申し立を行います。

競売になると、いくらで落札されるかわからず、一般市場価格の5~7割程度になる場合が多いです。
債権者へ売却代金を支払っても多額の債務(借金)が残ってしまいます。

そこで多額の債務がなるべく残らないよう高額で売却でき、双方が満足できるような価格で売買を成立させる事を
任意売却(任売)と呼びます。

任意売却をするためには債権者の合意がなければできません。
そこで当社が所有者と債権者の間に入り双方承諾のうえ、売却を行います。
任意売却のメリット

1.競売とは違い、市場価格に近い価格で売却できる!
2.引越時期を買主と相談ができ、引越費用を捻出できる場合がある!
3.返済が遅れている事をご近所に知られないで売却できる!
4.売却後に残った債務の支払い相談ができる!
5.売却費用の負担がない!

任意売却ができるのは、弁護士・司法書士ではなく、不動産業者になります。
借金の相談に法律事務所へ行かれると、債務整理や自己破産の相談はしてくれますが、
財産についてのアドバイスを頂けるケースは少ないようです。

※当社からのメッセージ

決断を先延ばしにしないで下さい。
決断が遅く任意売却ができなかった方もいらっしゃいます。
あなたの今後の人生を変える大事な事なのです。
当社スタッフがよりわかりやすく相談させて頂きます。
ただ売却だけを行うのではなく、新しいスタートを切るため、
残ったローンの支払いについても債権者と調整をとらせて頂きます。
まずは相談して下さい。